イチオシの格式高いクレジットカードをご紹介!

ヘッダー

限度額が大きい!本当におすすめのプラチナカード5選

    
クレジットカードの中でも格式が高くておすすめなのがプラチナカードです。

プラチナカードには他のクレジットカードにはないような独特の特典・魅力がありますが、そんなプラチナカードにも実に色々なものがあります。

中には海外旅行がかなりオトクに出来るものや、かなりポイントがたまりやすいようなプラチナカードまであります。

こうしたプラチナカードの中でも特におすすめな商品を紹介していきましょう。

そもそもプラチナカードとは?

ゴールドカードは知っていてもプラチナカードは知らないという人もいるかもしれません。そんなプラチナカードについてまずは基本的なポイントを紹介しましょう。

そもそもクレジットカードにも幾つかありますが、このプラチナカードはゴールドカードよりも更に格式が高いクレジットカードになっています。年会費も数万~10数万円と高い反面、かなりサービスや特典が充実しているのが特徴です。

プラチナカードの特典にも色々あり、「無料でラウンジ利用ができる」「ホテル予約もしてもらえる」「限度額が1000万円以上」「金利がかなり安い」「付帯保険が充実している」などが一般的です。プラチナカードの中にはコンシェルジェサービスなどが付いているものも。

また、プラチナカードを持っておけばクレジットカードの中でも最上級のカードであるブラックカードにも手が届きます。ブラックカードはプラチナカードよりも更に特典が充実しているのが特徴。

そんなプラチナカードを持つにはインビテーションを貰わねばならず、通常のクレジットカードのように簡単には所持できないことも知っておきたいところでしょう。インビテーションをもらうには通常のクレジットカードを作成してクレジットヒストリーを構築していくことも求められます。

そのため、実際にプラチナカードを作るためにはかなり時間がかかってきますが、それだけの価値が有るのがプラチナカードです。プラチナカードはこのように作るのが難しいですが、持っておいて損はありません。

三井住友visaプラチナカードについて知る!

プラチナカードにも色々とありますが、この三井住友visaプラチナカードは特に有名でおすすめできるものです。こちらは格式もあるだけでなく、限度額も高くなっています。

この三井住友visaプラチナカードは世界中で利用しやすいというのも嬉しいところでしょう。実際、この三井住友visaプラチナカードが使えないようなホテルはほとんどないくらいです。海外旅行時の特典も充実しており、海外ラウンジなどをよく使う人にもおすすめできます。見た目もカッコイイですし、付帯保険も実に充実しています。

このように利点が多い三井住友visaプラチナカードですが、何よりインビテーション不要なことは最大の利点かもしれません。通常、プラチナカードはインビテーションと呼ばれる招待状がないと作ることは難しいですが、三井住友visaプラチナカードであればそんなこともありません。こうしたこともあり、敷居が低いということも利点でしょう。

このようにおすすめポイントが多いプラチナカードになっていますから、プラチナカードに興味があるという人はまずはこの三井住友visaプラチナカードを作成してみると良いでしょう。

ラウンジ利用が便利なAMEXプラチナカード

国際旅行を良くする人にもプラチナカードは役立つものです。特にAMEXプラチナカードはラウンジ利用をよくする人におすすめでしょう。

このAMEXプラチナカードはプライオリティパスの無料発行ができますし、同伴者も1人までならば一緒に無料でラウンジ利用ができます。

他に、インビテーションがあれば所有可能ですから面倒な手間がないのも良いところです。年会費は13万円とプラチナカードとしては平均的ですが、限度額の高さとともにオトクな特典が多いのはおすすめできるところでしょう。

他にも付帯保険も充実していますから、この一枚あれば海外旅行時に困るということはありません。

インビテーションをもらうのが難しいとされるAMEXプラチナカードですが、AMEXクレジットカードを所有して確実にクレジットヒストリーを構築していけばそこまでインビテーションをもらうことも難しくありません

アメリカンエキスプレスのプラチナカードを作るためにもまずはゴールドカードを作ることから初めて見ると良いでしょう。

このAMEXプラチナカードもプラチナカードを所有したいと考えている人にはおすすめです。

mufgカードプラチナAMEXはとにかく年会費が安い

維持費を安く抑えたいならばmufgカードプラチナAMEXを作ってみると良いでしょう。mufgカードプラチナAMEXは年会費が2万円程度となっており、他のプラチナカードよりも遥かに負担が安く抑えられます。

加えてインビテーションも受けやすくなっており、プラチナカードの中でもかなり敷居が低いカードであることも特徴。それでいて家族会員まで各種無料特典が受けられる他、プライオリティパスも無料で発行してもらえます。

このように利点が多いmufgカードプラチナAMEXですから、とりあえずプラチナカードを作ってみたい・余りプラチナカードを利用しないという人にもおすすめできます。

マスターカードのプラチナカード

クレジットブランドとして有名なマスターカードもプラチナカードを発行しています。マスターカードのプラチナカードは三井住友、楽天などが主に発行しています。こちらは信用度も特に高いプラチナカードとなっており、世界中どこに行っても重宝することになるでしょう。

ダイナーズクラブカードとは?その気になるポイント

他にもおすすめのプラチナカードとして、三井住友トラストクラブが発行しているダイナーズクラブカードもあります。これはダイナーズクラブの通常カードであり、厳密にはプラチナカードではありません。しかし、カードの色からプラチナカードに分類されています。

そのサービス内容も充実しており、他社が発行しているゴールドカード以上と認識されることも。このダイナーズクラブカードは作成するに当っての条件もかなり厳しくなっているだけでなく、年会費も高いですが、それだけかなりサービスが充実していることは知っておきましょう。

ダイナーズクラブカードを持っておけば最上級のクレジットカードであるダイナーズクラブブラックカード入手も狙えます。このようにお得な点が多いのがダイナーズクラブですから、普通のプラチナカードでは飽き足らないという人にもおすすめです。

他に三井住友銀行トラストクラブはSuMiTRUSTCLUBプラチナカードも発行しています。こちらはダイナーズクラブのプラチナカードと似ていますが、SuMiTRUSTCLUBプラチナカードは特に旅行に強いのが特徴でしょう。

まとめ

この記事では数種類のプラチナカードを詳しく説明しました。

どのプラチナカードを選ぶかは人によって異なりますが、特に限度額やサービス内容は比較しておきたいところでしょう。

特にこの記事で紹介したプラチナカードでは三井住友VISAプラチナカードが作りやすいこともありおすすめです。

いずれにしてもプラチナカードを作るには時間もかなりますが、持っておけば何かと役に立つことはいうまでもありません。