プラチナカードとは?

ヘッダー

プラチナカードの基本情報

    img_about   

プラチナカードは全てに充実


プラチナカードはゴールドカードの上位にあたるクレジットカード。その大きな特徴のひとつが限度額の大きさです。あくまで一例ですが限度額最高500万円と、一般向けそしてゴールドに比べるとかなり高額になっています。

この他にも高級ホテルや高級レストラン、スパ、エアラインなどで割引優待や招待を受けることがOK。高還元率のポイントプログラムはANAやJALのマイレージを効率的に貯めることができるようになっています。

そしてなんといっても見逃せないのがコンシェルジュサービスとプライオリティ・パスでしょう。国内・海外問わず世界で700ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるだけでなく、レストランや各種チケットの手配、緊急時のサポートまで24時間体制でサービスが提供されています。

プラチナカードはゴールドカードからのランクアップやインビテーションにより獲得することができます。一般カードと比較するとクレジットカード審査基準はかなり厳しくなっています。誰もが簡単に獲得できるわけではないこのカードを持っていることは社会的なステータスの高さを示すことができるというわけです。

プラチナカードの特徴

  

年会費はゴールドカードと比較して高め


年会費はゴールドカードと比較すると高めになっています。たとえば三井住友VISAカードのゴールドカードは年会費10,000円(+税)。一方プラチナカードは年会費50,000円(+税)と比較すると5倍もの差があります。ゴールドは初年度無料に対し、プラチナにはそのようなサービスはありません。

もう一例比較してみましょう。エポスゴールドカードは年会費5,000円。ただし年間50万円以上利用すれば翌年以降無料となり敷居はさほど高くありません。一方エポスプラチナカードは年会費20,000円と4倍の差があります。年会費無料サービスは無いものの利用金額に応じてポイントプレゼントが実施されています。

どのクレジットカードを比較してもプラチナカードの方が高くなっています。

ゴールドとプラチナの違い

  

ステータス性の高さがおすすめ


一部のクレジットカード会社は新規申込を受け付けていますが、ほとんどのプラチナカードはゴールドカード保持者のランクアップ限定となっています。すでにゴールドカードを所持している方が自分で申込できる場合と、クレジットカード会社からインビテーション(招待)される場合があります。

一般的にプラチナカードが持てる年収とおすすめされているのは600万円以上。もちろん安定しているかが最重要で、これより低い年収で所持できることも。逆に年収が高くてもクレジットカードの利用が不安定ですと招待がかからないこともあります。平均年収より上の収入があり、なおかつ安定している方はゴールドカードからのランクアップを目指すのがおすすめです。

プラチナカードを持っているということは平均以上の年収があり、なおかつ生活が安定していると認められていることです。自分のステータスを示す1枚としてとてもおすすめです。