ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ヘッダー

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの詳細と口コミ

    img_ana   

ANA VISAプラチナカードの口コミとおすすめ


インビテーション無しで入会できるため比較的難易度が低いと言われています。クレジットカードのステータス性を重視する方よりも、ANAのプラチナカードという利便性を求める方におすすめとなります。

誰でも入会できるカードというイメージをお持ちの方もいますが、やはり年会費80,000円という壁は厚く、もちろん一般のクレジットカードと比べると取得は容易ではありません。

年齢制限は30歳以上、初期限度額は300万円から500万円の間で設定されています。ゴールドカード会員からの自己申請によるカード切り替えだけでなく、新規入会にも対応。口コミでは旅行前に急ぎで申し込みしたら審査に通ったという方もいます。

年会費t特徴

  

特典と体験談


気になる優待特典では6ヶ月間のカード支払い合計金額に応じて年2回プレゼントされるギフトカードが話題を集めていました。たくさん使えばその分戻ってくるというサービスはとても好評です。

そして次に目を引いたのが入会時に取得できるボーナスマイル。プラチナカード入会時に10,000マイル、その後翌年度以降も継続ボーナスとして10,000マイル獲得することがOK。1万マイルあれば国内線特典航空券に交換することができ、体験談では毎年これを楽しみにしているという方もたくさんいました。

この他にもANAグループ便利用時には区間基本マイレージの+50%が加算。ANA航空券をクレジットカードで購入した場合、マイル2倍といった優遇サービスが人気となっていました。

img_26

  

ANA VISAプラチナ プレミアムカードをおすすめしたい人


ANA VISAプラチナ プレミアムカードはやはりその名の通りANAの各種サービスをもっと使いこなしたい方におすすめです。1ポイント15マイルと還元率も高く、プラチナカードならばさまざまなシチュエーションでマイルを効率的に貯めることが可能です。

付帯する国内・海外旅行傷害保険は傷害死亡・後遺障害で最高1億円と下位ランクのクレジットカードと比較するとかなり高額となっています。

コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスを使えば旅路をもっと有意義に過ごすことができます。やはりANAを利用して国内はもちろん海外旅行や出張にお出かけする機会の多い方ならばその大きなメリットをしっかりと感じられるでしょう。

三井住友プラチナカードとよく似た特典が特徴となっており比較されやすいです。ただしANA VISAプラチナ プレミアムカードは家族会員1名につき4,000円の年会費が必要となります。そのため家族で使いたい方よりも、自分ひとりがクレジットカードを使うという方におすすめとなります。