ブラックカード情報

ヘッダー

プラチナの上をいくブラックカードとは?

    img_black   

プラチナの上をいくブラックとは


ブラックカードとはプラチナカードよりもグレードの高い最上位ランクのクレジットカード。ほとんどのカードの色が黒いことからこのように呼ばれています。

その他のクレジットカードとは比較できないほどの限度額の大きさが特徴。よりクオリティの高いコンシェルジュや数々の専用優待・優遇特典を受けることができます。原則としてインビテーションでしか入会することができません。

アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、MasterCard、Visa、JCBが取り扱いをしています。ゴールドやプラチナと比べると種類や発行枚数はかなり少なく、クレジットカードホルダーにとって最高のステータスとなるでしょう。

プラチナカードよりもグレードの高い最上位ランクの クレジットカードがブラックカード。 ゴールドやプラチナと比べ、種類や発行枚数が少なく 所有することが最高のステータスといわれるカードです。

プラチナとブラックのサービス内容を比較


世界最高峰のブラックカード、それがアメックス センチュリオンカード。同じアメックス プラチナカードのサービス内容を例にあげて比較すると、年会費は350,000円(税抜)と2倍以上の差があります。

またアメリカン・エキスプレスブラックの専任コンシェルジュはNOと言わないと有名です。プラチナ会員もコンシェルジュを利用することができますが、何でもできるのかと言われるとそうではなくサービス内容には限りがあります。

この他にも飛行機やホテルのアップグレード、空港ラウンジのVIPルームが利用OK、補償額が2倍の海外旅行傷害保険、特別なメンバーシップ・リワードなどがブラックカード限定となっています。

年会費と特徴

  

プラチナとブラックは取得できる人が明確に違う


プラチナカードも一般クレジットカードそしてゴールドカードと比較するとステータス性、希少性が高いものとなっていますが、ある程度年収があれば入手自体はさほど難しくありません。

しかしブラックカードは年収が多いだけで取得することはできません。年収のボーダーラインは1,000万円とされているものの、単純にお金持ちと言うだけでブラックカードを所持することまずできません。大物芸能人、セレブといったようなその人自身のステータス性、安定性なども大切です。

特に重要視されているのが下位ランクカードの利用履歴。単純にクレジットカード決済しているだけでなく、どんな商品を購入しているのか、どんなサービスを利用しているのかが大切です。

たとえば毎月同じくらいの利用額であったとしても、光熱費などの生活費や庶民的なお店でクレジットカードを使う方よりも、ブランド品の購入、海外ホテルの予約といった形でクレジットカードを使う方のほうが生活にゆとりがあると判断されます。

ブラックカードを目指すにはまずプラチナカードの取得が大前提。まずは利用実績を重ね信頼を勝ち取りましょう。