プラチナカード取得の年収は?

ヘッダー

プラチナカードの取得条件を年収で比較

    img_income   

プラチナクレジットカードを持つことができる年収


クレジットカード会社にとって優良顧客とは安定したクレジットカード利用のある方となります。たとえばプラチナカードの場合は年間100万円以上のクレジットカード利用をすることでさまざまな特典を受けることがOK。必要年収を考える時の参考にしてください。

まずインビテーションを受けた場合は特に収入に関係なく上位カードへ切り替えることが可能です。ゴールドを所持している方については自分の収入よりも、年間の累計支払い額を確認してみましょう。

現在ゴールドカードを所持しておらず、新規に入会したい、もしくはゴールドからランクアップしたい場合招待よりも属性値に対する基準が厳しくなります。

新規申込者の場合は最低でも平均以上、できれば個人で年間の収入が600万円くらいあるのが好ましいでしょう。

新規でプラチナカードを申し込む際の 年収の目安は600万以上が望ましいでしょう。

  

年収別で見る各社の取得基準を比較


基本的にプラチナクレジットカードを発行している各社では基準を公表していません。あくまで目安になりますが、アメックスについては1,000万円、ANA VISAプラチナ プレミアムカードについては700万円以上、JAL アメリカン・エキスプレス・カードプラチナについては500万円、三井住友カードについては審査が厳しく1,000万円だと言われています。

比較的取得基準が低いといわれているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードはビジネス向けとなっていますが、一般の会社員の方も申し込みOK。年収は最低400万円、できれば平均以上が目安となります。

新規入会者に人気のMUFGプラチナ・アメックスについてはその他の取得基準と比較するとかなり低くなっていると言われています。平均以下であっても審査に通ったという方もいるので敷居の低いカードを求めている方におすすめです。

審査に関する年収目安

  

年収意外で必要な取得条件を比較


もちろんクレジットカードを発行している各社では年収額だけを取得条件にしているわけではありません。まずインビテーションを受けるためには収入だけでなく、クレジットカードの年間利用額が大きな影響を与えています。先述したように年間100万円以上を目安にしてください。

新規申込する場合については年収と合わせ、年齢、勤務先、勤務年数、未婚・既婚、持ち家かどうか、同居家族の有無などさまざまな要素が比較され審査を左右します。世間一般的に安定した生活を送っている方ほど取得条件をクリアしやすくなります。

所得額に自信が無い方はまず一般カードやゴールドカードを申し込みコツコツと実績を作るのが一番の近道となります。