使用限度枠

ヘッダー

限度額で比較

    img_limitation   

プラチナカードの限度額とは


プラチナカードの限度額は最低でも200万円以上。年収など属性値によってさらに限度枠は増額されています。もちろん各社によって設定される基準に違いがあります。ゴールドカードからのランクアップを考えている方は、最低でも今持っているゴールカードの利用可能枠以上で設定されると認識してください。

まずクレジットカードに設定されるショッピング枠は申込者の属性(年収、勤務先、勤続年数、住まいや家族の状況など)、そしてクレジットヒストリーから算出されます。特にランクアップをしてカードを切り替える場合についてはすでに所持しているクレジットカードの利用状況がかなり影響を与えています。

プラチナカードは使える額が大きいメリットがありますがもちろんいくらでも自由に使えるわけではありません。一般的にゴールドカードと比較した場合はプラス150万円から300万円が限界値だと言われています。ただし1,000万円を超える上限が設定されたという方もいます。

プラチナカードの限度額は、 申込者の属性(年収、勤務先、勤続年数など)によって 決まりますが、最低でも200万以上はあるようです。

  

各社プラチナカードの限度額と限界を比較


プラチナカードを発行している会社をピックアップして限度額とその限界を比較します。まず三井住友カードは新規入会時の初期設定300万円。ゴールドカード会員がインビテーションを受けた場合については500万円という声もあるため、限界値はそれ以上となります。

ステータスカードとして人気の高いアメックス。AMEXといえば上限が設定されていないと言われることがあります。体験談では実際に記載が無かったという声が多く、実際に自分はいくら使えるのかと疑問を持つ方もいます。いくら分使えるのかを知るにはカスタマーサポートに電話をする必要がありますが、あくまで目安としての金額が伝えられるようになっています。

限度枠は新規入会時の審査状況、そしてゴールドカードの利用状況が左右します。特に問題がなければ最低でも300万円、利用状況に応じて最大1,000万円くらいまでは使うことができるでしょう。

限度額の比較

  

プラチナカードの限度額を上げる方法を比較


プラチナカードの限度額を上げる方法を比較します。先ほど例にあげた三井住友カードの場合は下限300万円となります。増額するにはコツコツと利用を続けることが一番の近道。一度設定された額ついてはよほどのことが無い限り減額されることはありません。ですからあまり使わない時期というのも気にせずに所持することが可能です。

一方アメックスカードのショッピング利用可能額を上げるにはとにかく安定して利用を続けることが必要。年間のクレジットカード利用が最低でも100万円、できればそれ以上使っていることが好ましいでしょう。逆にまったくクレジットカードを使っていない場合、プラチナなのに100万円以下になっていたということもあります。アメリカン・エキスプレス・カードについてはその他のカードと比較すると利用状況がかなり大きな影響を与えています。

各社のプラチナカード限度額増額については、やはり1年間の累計利用金額が100万円を超えるということがポイントになるでしょう。増額希望時は一気に数100万円の増額申請をするのではなく、最低でも6ヶ月あけて100万円程度から申し込みするのがベストです。もちろんクレジットカード会社が優良顧客だと判断すれば限度額は自動的に上がっていきます。