プラチナカードの価値を比較

ヘッダー

プラチナクレジットカードの価値を比較

    img_worth   

プラチナクレジットカードの価値


プラチナクレジットカードは限られた方しか所持することのできない特別な1枚。所持しているということがそれだけでステータスの証となります。付帯しているコンシェルジュサービスは一般カードやゴールドカードにはないサービスで、旅先はもちろんライフスタイルをより価値あるものへとランクアップさせてくれます。

プラチナカードホルダーだけの特典サービスでは有名高級レストランのコースメニューが1名分無料。その他のクレジットカードと比較して高額な補償内容の付帯保険、優遇されたポイントサービスなどが魅力となっています。

限られた人間しか所持することのできない特別な1枚。 ライフスタイルをより価値あるものへとランクアップさせる そんな特別なステータスが詰まっているプラチナカード。

プラチナの価値を比較してみた


アメックスプラチナカードの年会費は130,000円(税別)と、他の上位クラスカードと比較してもかなり年会費が高額なクレジットカードとなっています。インビテーションのみで入会することができ、フリー・ステイ・ギフトサービス(更新時の無料宿泊券プレゼント)や一見お断りの高級料亭の代理予約サービスなど優待や特典はトップクラスとなっています。

同じくインビテーションのみで入会できるのがJCBザ・クラス。JCBブランドを愛用している方の最終目標として選ばれることが多いです。年会費は50,000円(税別)、家族会費は無料となっています。ディズニーリゾートホテル優待プランやコナミスポーツクラブ優待特典などがとても人気です。

三井住友プラチナカードは新規入会に対応。年会費は50,000円(税別)となっており、家族会費は無料となっています。6ヶ月間のクレジットカード利用累計金額が50万円を超える場合は、最高30,000円までの三井住友VJAギフトカードが年2回プレゼントされます。

プラチナカードは年会費と各種優待サービスのバランスを比較しその価値を見出すことがポイントとなります。

各プラチナカード比較

  

コンシェルジュの利便性を比較した


プラチナクレジットカードのコンシェルジュは付帯する優待サービスにおいて最も利便性が高いと評価されており、ここに価値を感じる方も多いです。コンサートやミュージカル、スポーツ観戦等のチケット手配、ホテルやその他の宿泊施設の航空券手配、旅行やパッケージツアーの提案、有名レストランの予約、ゴルフコースの予約、ギフトや商品の検索や購入・手配、国内・海外のショップ案内などを利用することが可能です。

特に海外でトラブルに巻き込まれてしまった時に、自分ひとりで問題を解決するのはとても大変です。そのようなときに通訳がいてくれたらとてもありがたいものです。コンシェルジュを使うことで自分が困ったときに最も適切な対応でトラブル解決のサポートをしてもらうことができます。急病になってしまい旅行先で信頼できる医師を探したい、パスポートをなくしてしまったので助けて欲しい時などにしっかりと支えてくれます。